• 2019.6.26
  • HR div.

海外事業部での仕事について

海外事業部での仕事について

こんにちは。

人材紹介 海外事業部の秋山です。

今日は私が海外事業部でどんなことをしているのかについてご紹介させていただきます。

海外事業部では主に韓国、台湾、中国(最近ではベトナム)で日本企業の海外現地面接会の運営を行っています。海外現地面接会がどんなものかというと、外国籍の方を採用しようとしている日本企業の方を海外にお連れし、直接現地で候補者の方に会って面接をしていただくという海外現地で行う日本企業の面接会のことです。

1回の面接会では平均約10名~15名ほどの候補者の方に参加していただいており、ほとんどの面接会で当日に内定出しまで行っています。そのため、候補者の方が内定を勝ちとる瞬間に立ち会うことができ、一緒になんとも言えない達成感と感動を分かち合うことができます。そんなところが海外面接会の魅力でありやりがいであると私は思っています。

この写真は海外面接会後の内定者と企業担当者の記念写真です。内定者が最後に内定承諾書へのサイン時に感極まり涙していて、私までうるうるしてしまった印象深い面接会でした。

海外現地面接会を作り上げるために、私たちは日々候補者の集客やフォローアップなどに尽力しています。

具体的にどんなことをしているかというと、塾や大学などの教育機関を回り「日本就職について」「採用企業について」の説明会を行ったり就職博覧会に参加したり、韓国提携企業の発掘及び営業や媒体、SNSを活用などして候補者を募っています。

韓国の大学での日本就職、採用企業説明会の様子

このような活動を通し募った候補者の方と面談や面接アドバイスを行い、(場合によっては日本語練習なども)面接会で内定を勝ちとるために一緒に準備をしています。

就職や転職は人生の中で大きな転機となりターニングポイントだと思います。そんな人様の人生のターニングポイントに携わらせていただいていると思うと何とも言えない責任感と、やりがいを感じます。

韓国での大学営業時の様子

元々私が、JRLLYFISHに入社したきっかけというのも留学中に現地で出会った友人たちがきっかけでした。「日本に就職したいけどなかなかできない。」、「ハードルが高そうで挑戦できない。」という友人が多く、せっかく日本に関心を持ってくれているのになかなか就職という夢が叶えられないという現状にもどかしさを感じ、そこを変えれないかと考えたことがJELLYFISHへ飛び込んだきっかけとなりました。

今、考えてみるとその時に抱いていた思いを少しずつ行動に変え、実現できているのではないかと思います。

 私の思いを実現させてくれたjellyfishで、皆さんの思いも何らかの形で実現できることができると思います。Jellyfishは社員が会社を作り上げているということをとても実感することができる会社です。自分の意見を発信することができ、またそれを受け止めてくれる環境がある。そんな会社だと思います。だからこそ私の入社時の思いも、入社9カ月目にして実現できていると感じることができているのだと思います。

海外事業部での仕事について以上が海外事業部の紹介でした。もし、このブログを読んでいただき海外事業部に興味を持ってくださる方がいらっしゃいましたら、ぜひJELLYFISHにご連絡下さい。現在一緒に働く仲間を募集中です。お待ちしております!