最新の記事

くらげ歴8年目になりました
  • 2019.3.27
  • Education Div.
  • KURAGE

くらげ歴8年目になりました

皆さん、こんにちは。入社8年目、留学div.の姫野です。 今、「8年目」という年月を文字にして私自身とても驚いています。 社内でも「古株だよねー」「長いよねー」等々、お声掛け頂く事はよくあるのですが、確かに・・・長い・・・。 なが~い歴史のスタートは2012年2月、ベトナム法人からです! 新卒で入社し、日本語教師をしながら、日本留学を希望する学生のビザ発給の手続きを行っていました。 ベトナムでの生活で一番初めに感じた事は「一緒に笑えない」という事。 当たり前ですが、ベトナムオフィスで話される言語はベトナム語。 仕事中にオフィスで沸く笑いの声。 「え?え?」と思っていると内容を把握できないまま、話が終わる。 本当に些細なことですが、いわゆる『孤独』を感じていたわけです。 仕事では、学生が楽しめてかつ日本語も習得できる魅力的な授業が出来ていないことや 留学ビザの手続きをすることで一人の学生の人生を決めてしまう『プレッシャー』に押しつぶされていました。 (留学ビザが不交付になった際、再申請して交付されることが非常に困難だからです) 1年半のベトナム勤務を終え、東京勤務になってからは、主に、現地法人が学生紹介する日本語教育機関の開拓、また現地と日本語教育機関との調整役として動いてきました。 東京に戻ってからもベトナムへの出張は多く、一年間の半分以上をベトナムで過ごしていたと思います。 はじめはベトナムだけでしたが、いつの間にかフィリピン、インドネシアも。と増えていき、 今やベトナム、フィリピン、インドネシアの3か国に一緒に働くスタッフがおり、日々チャットやインターネット電話を通してコミュニケーションをとりながら仕事をしています。 もちろん、日本国内にも大切な仲間がいて、いつもサポートしてくれています! JELLYFISHに入社してからの7年間はあっという間で、苦悩の日々でしたが、 『孤独』を経験して、自分と向き合う時間が増えたことで精神的にとても強くなったと思います。 また『プレッシャー』を感じ常に考えることで、理想に近づけなかった時の問題解決能力がいかに重要か上司に教わりました。 そして何より、JELLYFISHを通して留学した学生の近況をSNSなどで見たときの喜びは何物にも代えられません。 学生の活躍を見るたび、人生の選択肢を増やすお手伝いが出来たのかな。と感じます。 振り返ってみると、伝えきれない苦悩(笑)や学びがありますが、本題に戻ります! まだまだ半人前で「仕事論」を語るほどの人間ではないですが 私は「社歴が長ければいい。」とは思っていません。 それでも、私がJELLYFISHにいる理由はいろんな種類の「面白い!」が詰まっているからだと思います。 常に会社のどこかで新しいことがスタートしている面白さ。 社員の国籍や年齢を問わず、幅広い意見を聞ける面白さ。 新しい事業をスタートさせることができる面白さ。 自分とは違う考えやアイディアを受け入れる面白さ。 社外の方とも仕事以上のお付き合いができる面白さ。 プレッシャーや責任を感じながらも試行錯誤する面白さ。 色々な環境で仕事をさせてもらえる有り難さ。(有り難さが一つ乗っかってしまいました!) いつも、「なんだかよくわからないけどJELLYFISH面白いなー!」と思っています。笑 そして、自分のためだけでなく、お取引先や各国の対象学生、会社、上司、同僚。 誰かのために、いつか、少しでもお役に立てれば。と日々奮闘しています。 大変な時も楽しもう!という前向きな気持ちが持てる方、 是非直接お話ししたいです!JELLYFISHでお待ちしています!

人生の時間について
  • 2019.3.20
  • KURAGEな人々
  • KURAGE

人生の時間について

2007年3月20日にJELLYFISHを創業して、今日で12年が経ちました。 何度も事業転換したり、メンバーが入れ替わったりもしながら現在があり、いまも試行錯誤しながらやっている毎日です。 個人としても35歳になって、最近は時間について考えることが増えてきたので、“人生の時間”をテーマにしたいと思います。 自分自身10代や20代の頃は、自分自身をとりまく環境が永遠に続くような感覚がどこかあったように思うのですが、環境や社会の変化やサイクルを何度か経験して“諸行無常”の腹落ち感が高まってきている感覚があります。 そんな自分の人生の中で一体何をすべきなのか、何が残せるのかを考える上で、人生が84年だと仮定した人生の時間割を作成しました。 人によるとは思いますが、平均的なほとんどの方はこれに近い人生の時間割を選択していると思います。 もちろん趣味や家族を最優先に生きる方も多いと思いますし、働かないという選択が可能なのであればそれもまたいいと思いますが、ほとんどの人にとって人生の11%、睡眠を除いた時間で考えると25%の時間を費やす仕事(働くこと)の充実度は、人生全体の充実度に大きな影響を与えると思います。 では、仕事の充実度は何によって与えられるのでしょうか。 会社の代表者としてどのような環境を提供できれば、この充実度の実現に近づくのでしょうか。 色々な価値観や意見はあるとおもいますが、私は他人に一方的にやらされる(与えられる)のではなく、自らが環境や目的を選択し自らの意思をもって、まずは自分自身の為に取り組めることだと考えています。 そして自分の枠が大きくなり顧客や共に働く仲間の為、さらに会社の為、社会の為、未来の為と少しずつ繋がりながら拡がっていくことで仕事の充実度は高まっていくと思います。 この環境を実現するために、ここ数年は中央集権的な上意下達型組織ではなく、自律分散型組織を意識し、小さいプロジェクト単位のチーム作りを進めてきて、少しずつ社内での共通認識も定着してきているように感じます。目的を元に意思を持った個人でチームを形成し、そのチームがさらに掛け合わさることで組織としての付加価値を高めることを目指しています。 経営は様々な制約条件を抱えながら選択し前進していく必要があるので、過渡的な判断をせざるを得ない時もありますが、基本的に単なる規模の膨張や打ち上げ花火的な事業よりも、ライフタイムバリューが高く本質的価値のある事業に取り組んでいくことが、長期的な個人や組織の成長を支えると思っています。 最後に人生を1日(24時間)に置き換えた図を紹介します。 あなたはいま何時でしょうか? 起床してすぐでしょうか。もう始業している時間でしょうか。 それともランチタイムが迫っている時間でしょうか。 人生を一日に置き換えるとより自分自身の立ち位置や“終わり”をより意識できるとおもいます。 当社にも最近は寝起きぐらいの年齢の潜在力と意欲に溢れるスタッフが世界中から入社してきています。荒削りではありますが。 私は人が人を成長させるのではなく、機会や環境によって自らが自分自身に向き合うことで人は成長していくと考えているので、彼ら彼女らの成長につながる機会や環境を提供していくことが今後の会社の成長に繋がると信じています。 なので、多少の弊害や失敗は目をつぶってでも、手をあげた人に対して自ら挑戦できる機会提供はこれからも優先していきたいと思っています。 価値観は人それぞれなので、合う・合わないはあるとおもいますが、JELLYFISHという会社に少しでも興味をもっていただいた方は、是非あなたの考える人生や仕事観について話しにきてください。 これからの未来について共に考え悩み、お互いの人生をより豊かにできるようなメンバーが増えて、大切な時間を過ごせれば最高に楽しい人生だと思っています。 Expand Your Horizon 田中 翔

新卒新入社員のK(ケイ)です!
  • 2019.3.14
  • HR div.
  • KURAGE

新卒新入社員のK(ケイ)です!

みなさん、こんにちは。 人材紹介事業部でキャリアアドバイザーをしています、ケイと申します。(本名が難しいのでケイでおっけー👌) つい先日ですが、入社してからちょうど3か月が経過しました。3か月新社会人としてJellyfishとして働いてみての感想や日本就職のこれまでの印象について書いてみたいと思います。 また新卒で入りましたので、フレッシュな新入社員の声としても就活をしている皆さんにとっても参考になれば幸いです。 私はラトビア出身です。(ラトビアって知らないでしょう?w) ラトビアはなかなか小さくて寒い国で、来日の為に空港へ向かう時も道が雪で真っ白でした。 皆さんの中には、生まれ育った環境と全く違う、更には母国の裏側にある様な遠くある国に引っ越すのが怖いと思う人もいると思いますが、 私の考えとしては逆に、若いうちに色々チャレンジしたほうがいいんじゃない?と普段から思っています。その考えもあって大学もイギリスの大学を卒業しましたし、その間に日本へ交換留学で来日する事もできました。 大学時代に交換留学で日本にいましたから、JELLYFISHへの就職が決まって再び日本に行くとき、離陸直前まで信じられなくて、本当に嬉しくて第二の故郷に戻った気がするほど興奮していました。 来日した当初は、まだまだ時差ボケがありましたが、住宅を決めたり、家から会社までの地理を覚えたり、普段の生活を送れるように社会人としての準備を色々しながら2週間後にやっと入社!! 新人キャリアドバイザー(CA)としての業務を始めました! ちょっとまって。。。 CAの業務ってどこから始めたほうがいいのか、どうやってはやく良いアドバイザーになれるか、わからない、やばい! しか思いつきませんでした。(入社してから毎日が緊張の連続です!笑) その半面、大学で勉強した国際関係の知識や日本語力をうまく活用できるという期待もあって充実していました。 研修を終えて初めて一人で候補者面談をしたときは、候補者より緊張していました。(笑) 正直にお話すると私は元々超シャイな人間でした。普通に考えるとそれならCAの仕事は無理に思えますが、ポジティブに考えると、CAの仕事は、自分のシャイなところを乗り越える手段となりえます。 それだけではなく、JellyfishのCAだからこそ、候補者のJellyfishに対しての印象はすべて私の責任になります。 元々ITに興味あって少し趣味とかでデザインなどに携わったのですがやはり知識足りないところもあると感じています。ITキャリアを持っている候補者と話す際、たまに「あ。。。?」ってなるわからない専門用語が出てきますからね。理解できない時は恥ずかしいですけど、より候補者の期待に応えられる様になる為には勉強あるのみ!です。 私自身は新しいことを学んで行くこと自体が好きなので、最新技術について学んだり話したりしていくのは本当に楽しいです。 3か月働いていて、振り返ってみると、 やはり様々な文化背景を持つ人と接する仕事をして、楽しいと思います! 自分の目的を実現できて、他人の目的の実現を手伝いたいと思います。仕事を探している人の気持ちがわかりますから。 日本で働きたい、自分のスキルを発揮したいという目的、夢を持っている候補者と話すと 日本で働きたいとずっと思っていた自分を思い出します。 それで、外国人のCAとして他の外国人に転職活動を手伝うこと 人が自分のことについて気付いていないアピールポイントや長所を見つけること 人と仕事を一つ一つつなげられることができて、自分も嬉しくなります。 当然ですが、私の未熟さ故に手伝うことができなかった時は自分も挫折感を味わいますが、 手伝えなくても、せめて候補者に少しでもインスピレーションを持たせることができるとしたら候補者は就職・転職活動、夢を追いかけるのを絶対諦めない意思がもてると思います。 少しでも自信をもって、自分のことに関して「できる!」と思ってくるといいと思います。 やはりサポートが大事ですし、私も候補者の立場であれば、サポートの言葉を聞きたいと思います。 まだまだ経験を重ねていって勉強が足りないこともりますが、 相手のニーズ、相手の「ほしい」を理解した上いいキャリアアドバイザーになるように毎日頑張ります。相談したいとき気軽に声をかけてください! 皆さん、宜しくお願いします! さいごに、 皆さんそれぞれの夢と目的があると思いますが、 諦めないでね!