最新の記事

バベルの塔を建てませんか?
  • 2020.1.14
  • Education Div.
  • KURAGE

バベルの塔を建てませんか?

こんにちは。教育事業部の鈴木です。 これまでJELLYFISHで国内外の日本語学校運営に携わってきましたが、昨年、社内起業でBABEL METHOD株式会社を設立し、法人向けにオンライン日本語会話学習サービスを提供しています。 社名は、記事のタイトルにもなっている「バベルの塔」にちなんで付けました。 天にも届く高い塔を建てようとして神の怒りにふれ、言語はばらばら、人々は散り散りにされたという話から、社名には「再び言語を統一して神に挑む!」という思いを込めています。 「言語を統一」とはいっても、べつに、世界中の言語を日本語に統一したいというわけではありません。 ①外国人が日本語を学ぶ ②①がどんなことなのかを日本人が理解する ③お互いの価値観や文化を理解して尊重し合う ④コミュニケーションが機能する ⑤共通の目的や目的に向かって知恵と技術を集結できる ⑥平和で幸せな社会を築く ということが目的です。 きょうは、②「外国人が日本語を学ぶのはどんなのことなのか」を少しお話したいと思います。 日本語の難易度は、英語ネイティブから見るとどのぐらい難しいと思いますか? 実は、日本語の習得難易度は世界最高だそうです。 米国国務省の付属機関FSI(外務職員局)の調査データによると、 日本は、最高難易度のCategoryⅤ+に分類されています。 下の図を見てください。日本と同じ色の地域、国はありません。 ちなみに、日本人が外国語を学習するとき、英語はCategoryⅢレベルのなので、日本人が英語を学ぶより難易度が高いんです。 では、いったい日本語の何がそんなに難しいのでしょうか? まっさきに思い浮かぶのは、「漢字」という答えだと思うので、漢字を例に難易度についてお話します。 日本人が小学校で学習する漢字は1026字、中学校で1110字です。日本に住んで、毎日日本語を目にしている日本人が9年かけて2136字を覚えるわけです。 一方、外国人はどのぐらい時間をかけて、どのぐらい覚えるべきとされているのでしょうか。 2010年に改定される前の旧日本語能力試験では、最高レベルの1級(現N1)の出題範囲は2000字で、日本人が9年かけて学ぶ漢字の数とほぼ同じです。 1級(N1)レベルの日本語習得時間の目安は900時間となっています。 単純に言うと、日本人が9年かけて覚えるものを、外国人は900時間で覚えろということです。 この「900時間」には漢字だけではなく、文法や語彙(1万語)、読解、聴解などの学習時間も含まれているので、漢字学習に限ると、当然もっともっと少ない時間になるはずです。 なので、漢字学習時間を500時間として考えると、1年間毎日約1.5時間近い学習時間が必要ということになります。 もう一つ言うと、この”900時間”は、漢字圏(中国や韓国)の学習者が多い時代に考えられたものなので、東南アジアや欧米のように漢字にまったく馴染みがない人はこの何倍もかかることが考えられます。2倍としても1年365日、毎日休まず2時間勉強したら、やっと到達できる数字です。 古代エジプトの文字ヒエログリフを毎日1.5時間、365日かけて2000字覚えろと言われて、はたして覚えられる人がどのくらいいるのでしょうか・・・。 むり~ という叫び声が聞こえてきそうですね。 日系企業では、「英語が話せてN1に合格している、もちろん会話レベルも高くて、できれば日本で働いた経験があって実務スキルの高い外国人材がほしい」というニーズが多いそうです。 そのような人材がいったい何人日本にいるのでしょうか。。。 日本語が難しい原因はほかにもいくつか理由があります。 「よろしく頼むね」 「ご注文は何になさいますか」 「明日どこ行きたい?」 のように、主語をとばすという特徴もあり、だれが何をするのか非常にわかりづらいです。 というか、そもそも日本語の「主語」は何なのか、も問題です。 「象は鼻が長い」「私の父は背が高い」 日本語教育を学んだ方ならこの文は必ず目にするのですが、 皆さんなら、外国人にこの文の構造をどうやって説明しますか? この文型は、日本語学校ではかなり早い時期に学習します。 つまり、日本語がまだほとんど通じない段階です。そのレベルの人たちに 「この文の主語は何ですか?」 「”は”と”が”の違いは何ですか?」 と聞かれたら、どう説明しますか? 仮に、あなたの説明を理解したとして、その外国人は”は”と”が”の違いをきちんと区別して話せるようになるでしょうか? 話が長くなってしまいましたが、日本語習得は日本人が考える何倍も難しいということです。 日本人はそれをまだまだ理解できていないと私は思います。 それでも、日本語を学んで日本人とわかりあおうと努力する外国人がいます。 日本人としてそれに応えていきたい。 難しくても挑戦していきたい。 …

2019年 社員旅行記 – 河口湖
  • 2019.11.25
  • KURAGEな人々
  • KURAGE

2019年 社員旅行記 – 河口湖

人事・広報のSashaです。 年に一度のJellyfish最大親睦イベント「社員旅行」先日11月15日〜16日の2日間で行いました!外国人社員が多いので、日本を代表する富士山を一望できる自然豊かな河口湖にしました。 今回の社員旅行は、【社員の親睦】と【ビジネスコンテスト】の2つの目的で行いました。 大まかな行程としては以下の通り。 五反田 会社前より出発 映画【アベンジャーズ】を見ながら  出発~!  バス移動時間2時間 河口湖付近の宿へ到着 貸し切りなので、皆さんはあちこち遊び放題(笑) 宿から河口湖へ移動~徒歩20分~ 青空に癒されます 雄大な富士山を眺めならスリル満点の高速クルージングを体験しました ビジコン発表前の自由時間 普段仕事で関わらない社員とおしゃべりしています いよいよビジコン発表が始まります! ビジコンは基本全社員参加、5チームに分かれて2カ月準備時間を与えます 発表内容:ビジネスモデル、収支計画など 採点基準:実現性/収益性/JFとの相乗性の3観点 発表中皆さんの姿です↓ 休憩時間 このような遊びも(笑) 3時間のビジコン発表が終わって、いよいよBBQの時間です ビジコンの優勝チームもBBQで発表されます 取締役の新城さんより優秀チーム発表 「プラチーム」優勝です!おめでとうございます~! 乾杯! 夜8時、カラオケ館へ移動 英語の歌やスペイン語、広東語、中国語、日本語 いろんな言語で歌いました 多国籍企業を感じた瞬間でした。とても楽しかったです 楽しく歌って、好きに踊る! 翌日 サイクリング AND 紅葉狩り そして、ワインセラーで見学 最後に 今回は入社2年未満の仲間が社員旅行を企画してくれて、企画段階から色々課題(?笑)もあった旅行でしたが、JELLYFISH初の社内ビジコンやその他企画も含めて本当にエンジョイできました。 多国籍な人材が集まっているからこそ、いわゆる日本的な社員旅行ではなくグローバルな視野をもったJELLYFISHならではの企画が必要になります。 今回企画してくれた皆さん、本当にお疲れ様でした! 皆さんの企画のおかげで仲間たちの距離感がより近くなったと思います! これからは、忘年会やスポーツ大会、春の遠足、花火大会など、楽しい企画を取り組んでいきたいと思います! What`s the fish? JELLYFISH! では、また。

くらげアベンジャーズ化計画
  • 2019.11.6
  • KURAGEな人々
  • KURAGE

くらげアベンジャーズ化計画

皆さんにこんにちは。当社にて取締役兼人材事業の統括をしております新城です。 前回のエントリ(https://jellyfish-g.co.jp/post-662/)からはやいもので約1年が経過しました。 毎週更新だったこのブログも一週回ってくるのに1年かかるくらいの人数になったんだなとしみじみ感じてます。 『ようやくスタートライン』という題で、”2018年は第2創業期””2019年以降は大きく解き放つ”といった内容をつらつら書いていました。 が、一年経って振り返ると、まだ大きく解き放つには至っていません(苦笑) とはいえ、それをネガティブなこととは捉えておらず、大きくジャンプするためには深く屈まないといけないことと同様に大ジャンプの為の必要期間と位置づけています。 実際にこの1年で組織としては”自力”がついてきていると感じています。 相変わらず会社として色々トライはしていますが、CREWからの自主的な取組(TRY)が本当に増えました。 ・セミナー開催や講師を務めるものが出始める ・Youtuberと集客 ・オンラインフェアに出店 ・Reddit集客 ・過去ギネスの更新 ・社内ビジコン ・新サービスの手応え ・人事制度改革(中)    ・合宿        等々 理想は取り組んだ全てがうまくいくことですが、挑戦からの失敗が個人・組織の財産になっていくと 思っているので、その点ではかなり良い空気感になってきています。 しかしながら、空気感だけ良くなっても社会に対して何の影響力ももちません。 そこで、しっかりと市場とお客様に対して成果・結果をあげる集団になろうと、『くらげアベンジャーズ化計画』を始動することにしました。 今はチームとして最低限の成果をあげることができてはいますが、ここから大ジャンプを目指すとしたらまずは”個”が圧倒的に強くなっていかなければいけない。 チームでなくても”個”で戦える各国、各職種のスーパーヒーロー達を会社として創っていかなければならない。 そうしたスーパーヒーロー達が集まればあのサノスにだって対抗できる。 おそらくどんな奇跡だって起こせますね。 そういう集団になっていこうと思います。 やりますよ、まだまだまだまだ。

「社会人一年目」を楽しむ!!
  • 2019.10.2
  • KURAGEな人々
  • KURAGE

「社会人一年目」を楽しむ!!

<プロフィール> 名前:石黒里美(いしぐろさとみ) 年齢:22歳 出身地:中国/山東省 出身校:獨協大学国際教養学部 趣味:旅行、写真編集、映画鑑賞、ショッピング 性格:見た目と違って意外と人見知りでインドア派 皆さん、こんにちは! 新卒一年目で経理として働いて3か月が経とうとしていますがいまだに実感が湧きません。 全く何もわからないまま入社して、不安や戸惑いもたくさんありますし、仕事をうまくこなせている自信もないので「社会人一年目」という特権を使って上司に聞きまくっています(笑) 苦手なExcelの数式も上司のコピペをしたり、グーグル先生を頼りにしたりしていますが自分で調べる癖や自己解決力は少し身についたかと… 毎日頭パンクしまくりですが、仕事とプライベートを両方とも充実しています! それは時間を見つけて旅行やおいしいご飯を食べに行くことです。 石黒家は私が幼いころからドライブで父の実家北海道や関西など様々な所にフラッと行けちゃう旅行だけにふっ軽家族です。今年は金沢、岐阜までドライブで行きます。(笑) 多くの人に話すとびっくりされますが、車内で自分たちの好きな音楽を大声で歌いながら、ゲラゲラと笑っている時間がとてもいいですよ♪ 父譲りの旅行好きなので、大学時代はたくさんの国に行きましたね。 一番最近に行ったのはドバイです。ドバイに行く前は安全なのか、食は合うかと不安ばかりでした。行ってみたら、なんでも世界一を狙うドバイの建物はやはり違いました。 ずっと大好きなディズニー映画のモデルと言われている「アラジン」のモスクにも行けて大満足でした。本当に神秘的な空間で礼拝の時間になると音楽が鳴るので、さらにイスラムの世界に引き込まれていきます。 天気が晴れるとこんな感じの写真が撮れちゃいますよ! たくさんドバイの思い出を語りましたが 旅行が好きな理由は自分が勝手に思いこんでいた世界観の壁を壊してくるのでその国の本当の魅力的な所が見えてくるのです。 思い出は自分にしかないお金で買えない資産なので、おばあちゃんになった時には旅行で経験したことやハプニングを孫に話したいです。(笑) そんなあなたは仕事の疲れを癒すもの、仕事を頑張る動力は何ですか? ぜひ、一緒に話しましょう!