最新の記事

バベルの塔を建てませんか?
  • 2020.1.14
  • Education Div.
  • KURAGE

バベルの塔を建てませんか?

こんにちは。教育事業部の鈴木です。 これまでJELLYFISHで国内外の日本語学校運営に携わってきましたが、昨年、社内起業でBABEL METHOD株式会社を設立し、法人向けにオンライン日本語会話学習サービスを提供しています。 社名は、記事のタイトルにもなっている「バベルの塔」にちなんで付けました。 天にも届く高い塔を建てようとして神の怒りにふれ、言語はばらばら、人々は散り散りにされたという話から、社名には「再び言語を統一して神に挑む!」という思いを込めています。 「言語を統一」とはいっても、べつに、世界中の言語を日本語に統一したいというわけではありません。 ①外国人が日本語を学ぶ ②①がどんなことなのかを日本人が理解する ③お互いの価値観や文化を理解して尊重し合う ④コミュニケーションが機能する ⑤共通の目的や目的に向かって知恵と技術を集結できる ⑥平和で幸せな社会を築く ということが目的です。 きょうは、②「外国人が日本語を学ぶのはどんなのことなのか」を少しお話したいと思います。 日本語の難易度は、英語ネイティブから見るとどのぐらい難しいと思いますか? 実は、日本語の習得難易度は世界最高だそうです。 米国国務省の付属機関FSI(外務職員局)の調査データによると、 日本は、最高難易度のCategoryⅤ+に分類されています。 下の図を見てください。日本と同じ色の地域、国はありません。 ちなみに、日本人が外国語を学習するとき、英語はCategoryⅢレベルのなので、日本人が英語を学ぶより難易度が高いんです。 では、いったい日本語の何がそんなに難しいのでしょうか? まっさきに思い浮かぶのは、「漢字」という答えだと思うので、漢字を例に難易度についてお話します。 日本人が小学校で学習する漢字は1026字、中学校で1110字です。日本に住んで、毎日日本語を目にしている日本人が9年かけて2136字を覚えるわけです。 一方、外国人はどのぐらい時間をかけて、どのぐらい覚えるべきとされているのでしょうか。 2010年に改定される前の旧日本語能力試験では、最高レベルの1級(現N1)の出題範囲は2000字で、日本人が9年かけて学ぶ漢字の数とほぼ同じです。 1級(N1)レベルの日本語習得時間の目安は900時間となっています。 単純に言うと、日本人が9年かけて覚えるものを、外国人は900時間で覚えろということです。 この「900時間」には漢字だけではなく、文法や語彙(1万語)、読解、聴解などの学習時間も含まれているので、漢字学習に限ると、当然もっともっと少ない時間になるはずです。 なので、漢字学習時間を500時間として考えると、1年間毎日約1.5時間近い学習時間が必要ということになります。 もう一つ言うと、この”900時間”は、漢字圏(中国や韓国)の学習者が多い時代に考えられたものなので、東南アジアや欧米のように漢字にまったく馴染みがない人はこの何倍もかかることが考えられます。2倍としても1年365日、毎日休まず2時間勉強したら、やっと到達できる数字です。 古代エジプトの文字ヒエログリフを毎日1.5時間、365日かけて2000字覚えろと言われて、はたして覚えられる人がどのくらいいるのでしょうか・・・。 むり~ という叫び声が聞こえてきそうですね。 日系企業では、「英語が話せてN1に合格している、もちろん会話レベルも高くて、できれば日本で働いた経験があって実務スキルの高い外国人材がほしい」というニーズが多いそうです。 そのような人材がいったい何人日本にいるのでしょうか。。。 日本語が難しい原因はほかにもいくつか理由があります。 「よろしく頼むね」 「ご注文は何になさいますか」 「明日どこ行きたい?」 のように、主語をとばすという特徴もあり、だれが何をするのか非常にわかりづらいです。 というか、そもそも日本語の「主語」は何なのか、も問題です。 「象は鼻が長い」「私の父は背が高い」 日本語教育を学んだ方ならこの文は必ず目にするのですが、 皆さんなら、外国人にこの文の構造をどうやって説明しますか? この文型は、日本語学校ではかなり早い時期に学習します。 つまり、日本語がまだほとんど通じない段階です。そのレベルの人たちに 「この文の主語は何ですか?」 「”は”と”が”の違いは何ですか?」 と聞かれたら、どう説明しますか? 仮に、あなたの説明を理解したとして、その外国人は”は”と”が”の違いをきちんと区別して話せるようになるでしょうか? 話が長くなってしまいましたが、日本語習得は日本人が考える何倍も難しいということです。 日本人はそれをまだまだ理解できていないと私は思います。 それでも、日本語を学んで日本人とわかりあおうと努力する外国人がいます。 日本人としてそれに応えていきたい。 難しくても挑戦していきたい。 …

くらげ歴8年目になりました
  • 2019.3.27
  • Education Div.
  • KURAGE

くらげ歴8年目になりました

皆さん、こんにちは。入社8年目、留学div.の姫野です。 今、「8年目」という年月を文字にして私自身とても驚いています。 社内でも「古株だよねー」「長いよねー」等々、お声掛け頂く事はよくあるのですが、確かに・・・長い・・・。 なが~い歴史のスタートは2012年2月、ベトナム法人からです! 新卒で入社し、日本語教師をしながら、日本留学を希望する学生のビザ発給の手続きを行っていました。 ベトナムでの生活で一番初めに感じた事は「一緒に笑えない」という事。 当たり前ですが、ベトナムオフィスで話される言語はベトナム語。 仕事中にオフィスで沸く笑いの声。 「え?え?」と思っていると内容を把握できないまま、話が終わる。 本当に些細なことですが、いわゆる『孤独』を感じていたわけです。 仕事では、学生が楽しめてかつ日本語も習得できる魅力的な授業が出来ていないことや 留学ビザの手続きをすることで一人の学生の人生を決めてしまう『プレッシャー』に押しつぶされていました。 (留学ビザが不交付になった際、再申請して交付されることが非常に困難だからです) 1年半のベトナム勤務を終え、東京勤務になってからは、主に、現地法人が学生紹介する日本語教育機関の開拓、また現地と日本語教育機関との調整役として動いてきました。 東京に戻ってからもベトナムへの出張は多く、一年間の半分以上をベトナムで過ごしていたと思います。 はじめはベトナムだけでしたが、いつの間にかフィリピン、インドネシアも。と増えていき、 今やベトナム、フィリピン、インドネシアの3か国に一緒に働くスタッフがおり、日々チャットやインターネット電話を通してコミュニケーションをとりながら仕事をしています。 もちろん、日本国内にも大切な仲間がいて、いつもサポートしてくれています! JELLYFISHに入社してからの7年間はあっという間で、苦悩の日々でしたが、 『孤独』を経験して、自分と向き合う時間が増えたことで精神的にとても強くなったと思います。 また『プレッシャー』を感じ常に考えることで、理想に近づけなかった時の問題解決能力がいかに重要か上司に教わりました。 そして何より、JELLYFISHを通して留学した学生の近況をSNSなどで見たときの喜びは何物にも代えられません。 学生の活躍を見るたび、人生の選択肢を増やすお手伝いが出来たのかな。と感じます。 振り返ってみると、伝えきれない苦悩(笑)や学びがありますが、本題に戻ります! まだまだ半人前で「仕事論」を語るほどの人間ではないですが 私は「社歴が長ければいい。」とは思っていません。 それでも、私がJELLYFISHにいる理由はいろんな種類の「面白い!」が詰まっているからだと思います。 常に会社のどこかで新しいことがスタートしている面白さ。 社員の国籍や年齢を問わず、幅広い意見を聞ける面白さ。 新しい事業をスタートさせることができる面白さ。 自分とは違う考えやアイディアを受け入れる面白さ。 社外の方とも仕事以上のお付き合いができる面白さ。 プレッシャーや責任を感じながらも試行錯誤する面白さ。 色々な環境で仕事をさせてもらえる有り難さ。(有り難さが一つ乗っかってしまいました!) いつも、「なんだかよくわからないけどJELLYFISH面白いなー!」と思っています。笑 そして、自分のためだけでなく、お取引先や各国の対象学生、会社、上司、同僚。 誰かのために、いつか、少しでもお役に立てれば。と日々奮闘しています。 大変な時も楽しもう!という前向きな気持ちが持てる方、 是非直接お話ししたいです!JELLYFISHでお待ちしています!

日本語と子供
  • 2019.2.27
  • Education Div.
  • KURAGE

日本語と子供

みなさん、こんにちは! 教育事業部のノトです。日本語教師になって約10年、JELLYFISHに入社して1月で丸4年になりました。(途中1年間お休みしていたので、実働3年ぐらい) JELLYFISHに入社してからは、栃木にある日本語学校の開校に携わり、平日は月曜日から金曜日まで栃木に張り付きながら(もちろんダンナは放ったらかし)、学生の日本語力を上げるべく、毎日奮闘していました。 全てがゼロからで、いろいろなことを試しては改善しての繰り返しだったので、時に笑い時に泣きながら、学生と教師とスタッフがみんな全力でぶつかり合う感じは、なかなか経験できないものでした。 そんな生活をしていた私が、2年前に娘を出産しました。 日本語教師という職業柄、子供が生まれてから気になっていたことがあります。子供はどうやって自分の国の言葉を身に着けるのでしょうか。 外国人が日本語を習うときと、何か違いがあるのでしょうか。 外国人が日本語を習うときは、学校で教科書を使って文法や言葉を教えてもらうのが一般的ですが、子供はもちろん授業も受けないし教科書もありません。(そもそも文字が読めません・・)なのに、みんな短期間でどんどん使いこなせるようになっていきます。日本語学校にはいつまでも話せない人が少なからずいますが、子供は小学生になる頃には全員ペラペラです。 これらについて様々な研究結果がありますが、全ての人間(病気などの場合は除いて)は、生まれながらに言語ルールを理解して自然に身に着ける能力があるという説が現時点では有力です。 (頭の中にどの言語にも対応できるルールブックがあるようなイメージです) これは歩けるようになるのと同じレベルの基本的・本能的なものだそうです。 みんなこんなに便利な能力を持っていたなんて!と思いますが、残念ながら、これは幼いときにしか使えない能力だそうです。私たち大人は、この特殊能力に頼れず、頭でうんうん考えながらでなければ言語を学べません。(サイヤ人と地球人の違いみたいな感じかな。わかりにくい?) たしかに、助詞や活用などに苦しむ外国人はとても多いですが、子供はほとんど間違えず簡単に使いこなしています。 長年英語に苦しめられてきた私にとっても本当にうらやましい限りです! 外国語を習得するには子供のように簡単にはいきませんが、私たち教師がいかに効率よく簡単に日本語が上手になるかを研究して、もっともっと日本語が話せる人を増やしていきたいです。 このように、今は2歳の娘と楽しく暮らしながら、JELLYFISHにおいて日本語で働ける外国人を増やすべく、いろいろなことに挑戦中です。 いま日本では保育園問題など子育てにハードルも多く、現に私が通わせている保育園も駅と真逆の方向で少し離れたところにあるので、送り迎えも大変です。でも、JELLYFISHはいろいろな環境、背景、価値観の社員が働いているので、それらに柔軟に対応してくれます。実際に私も時短勤務やテレワークを活用して、子供との時間も大切にしながら仕事をさせてもらっています。 これはもちろん周りの方たちの協力と理解があってのものなので、いつもとても感謝しています。 みなさんも、JELLYFISHでいっしょに働いてみませんか? ぜひお待ちしています!