• 2019.10.25
  • ニュース

スペインから日本へ-僕の冒険

スペインから日本へ-僕の冒険

皆さん、 H O L A です。

フェルナンドと言います。マドリード生まれ育ちのスペインとコロンビアのハーフです。日本と違ってスペインでは複数の国籍ができるので2か国の旅券を持っています。

コロンビアのボゴタ、アメリカのサンタバーバラ、日本の東京、それぞれ4年/1年/1年間暮らしたことがあります。家族の中はコロンビアとスペイン以外、ロシアやアメリカ出身の人もいるので、とてもグローバルなファミリーだと思います。

このような家族で育てられた僕は、大学卒業してから遥かな国ー日本に行こうと決意して、ワーキングホリデービザを申請して日本に参りました。

遠いところに来ていますが、僕と同じように日本に来たスペイン人がたくさんいると気づきました。その中マドリードにいたときの親友も何人か来ていました(笑)

マドリッド人の新宿飲み会

 日本に行こうと決めた理由があります。大学の時にアメリカに語学留学に行って、英語会話を練習するためにスペイン語圏の学生をさけて多くのアジア圏の友達ができました。その中日本人学生とコミュニケーションするチャンスが多く、日本語や日本の文化に興味を持ちました。スペインに戻る前に日本語を勉強したいと皆に発表した時みんなが喜んでくれて、大きな励ましをしてくれました。帰国後大学を通いつつ日本語勉強を熱心に勉強してきました。

 さらに、マドリードで日西交流会というコミュニティを作って運営と管理を担当してきました!

アメリカ英語学校のクラスメート(ほとんど日本人ですw)

日本に来たばかりの際は、就活を頑張りました。自信満々に7社の面接を受けたがすべて落ちて落ち込んだ日々でした。そこで友人の紹介で初めてJELLYFISHの存在を知り、「Expand your Horizons」という理念に共感して、面接で上手く行けるように一生懸命準備しました。幸い、採用されました。

世界中僕と同じく日本に熱意と希望を持つ方々をサポートして、日本で活躍してもらうように日々充実な仕事をしてきました。

仕事で日本語がもちろん、母国語のスペイン語や英語も日々使っているので、とても楽しくて満足しています^^

同僚と川辺へ冒険

JELLYFISHに対する第一印象は、「明るい!グローバル!」でした。

ノルウェーやロシア、ラトビア、韓国、ベトナム、中国、台湾、エジプト等々、色々な国出身の社員が集まっていますが、意外なことに皆さんが言葉と文化の壁を越えて、支障なくスムーズに業務やコミュニケーションをしています。

JELLYFISHでキャリアアドバイザーして10か月間、楽しいことも大変なこともたくさんあります。僕達がやっていることは、「人を支える!」なので、その思いを僕達に接するすべての人に伝わっていくと信じています。

その中、僕にとって、スペイン語圏の人たちが入社するとき一番遣り甲斐を感じております。

同僚と一緒にJOBフェアに参加

これからもJFで頑張っていきます。

一緒に V A M O S!