• 2019.9.26
  • HR div.

『入社3年目。1歳のママ』

『入社3年目。1歳のママ』

皆さんこんにちは!HR div.の汪と申します!

私は中国安徽省出身、2012年日本に留学して、大学院卒業後、2016年新卒としてJFに入社して、 キャリアアドバイザーとして、事業所の方と求職者(外国人のみ)の方のマッチングを行っています。

求職者の方に私が電話やメールをして現状をお聞きし、求人をご紹介するサービスです。

私が2016年から入社して感じていることは、JELLYFISHはすごく居心地が良いというところです。

それは、お互いを尊敬しながら仕事ができるグローバル環境を作っているJELLYFISHのメンバーの人の良さのおかげだと思います。

JFのミッションに共感して働いているのは皆一緒で、社歴や役職、年齢が上だからとかそういった理由で、言いたいことが言えないということがないので、とても居心地の良さを感じます。

入社して1年目は初めての仕事になれるために必死で仕事をしていました。ようやくなれてきた2年目に今の旦那様と結婚することになって、その後子供に恵まれました。

◆会社側に妊娠(育休取得)を伝えたときの反応は?

「妊娠なんて困るよ君」なんてことは無く、「おめでとう!」と言ってもらえました。(はじめは一生懸命頑張っている中、自分が抜けてしまうのが心苦しく伝えるのにも緊張していました。笑)

産前休暇取得時期の話では、1年以上休まなければならなかったため、復帰する際に少しでも早く慣れるように産前はギリギリまで働きたい旨を伝えると、逆に心配されました(笑)

妊娠中の仕事のペースはどんな感じ?

体調不良により急な欠勤になってしまった場合も受け入れてくれ、安心してゆったりとしたスケジュールで作業をさせてもらえました。

アンパンマン大好き愛娘

◆産休を終えてみて

子育ては本当に大変でしたが、育休中でも同僚からのメッセージが届いていて、あ、自分は忘れられていないなと感じました。(笑)

休暇の取得も職場への復帰も会社の方々に沢山助けられました!仕事のことでも家庭のことでも相談に乗ってくれる人は何人もいます。

両立には会社の協力も家族の協力も必要となり、大変だと感じることも多々あるのはいろんなママさんも同じ。

仕事と育児を一人で全部完璧にしようとするのは、無理があります。なので私なりの経験ですが、大変なときでも焦らず、人の意見に惑わされず、自分なりにベストな両立の仕方を見つけて欲しいと思います。

その両立は会社の協力があってこそです!

また、今後も子供の成長や異動等によっても状況は変わると思うので、現状がベスト等と思いこまずに臨機応変に対応し、自分なりの両立を方法を会社、チームのみんなと相談しながら見つけて行きたいです!

当社には産休から復帰して活躍しているママ(しかも多国籍)も増えてきました。

当社にご興味もってくれたママさん!是非一度遊びにきてください。待ってまーす!