Interview 社員インタビュー

「やってみたい」そのワクワクを
形にできる場所がここにある。

鈴木 海斗

Kaito Suzuki

OKUTAMA+ / 2019年入社

鈴木  海斗

埼玉県出身のペルー、中国、日本のクオーター。
17歳時に友人と輸入物販で起業。
高校卒業後は就職するも倒産。
飲食店店長を経験した後、ペルーへ留学。
現在は20歳でOKUTAMA+事業部のディレクターに抜擢され「人生を変える出会いの場」を提供している、超「熱い」ハートの持ち主。
そんな彼は、食事も熱い!夕飯は週4ペースで焼肉の大の肉好き。

JELLYFISHは「個々の自立を大切にする自立型組織」

JELLYFISHはいわゆるトップダウンの組織ではなく、自律型組織なんですね。
なのでこの会社ではすべての人が主人公で、それぞれ成し遂げたい夢に対する熱い想いを持っています。
そんな主人公同士がタッグを組んで事業を創出していくので、いつも新たなアイデアを共創していける環境ですね。
現代表取締役の田中も会社の目先の利益よりも個々人の「やってみたい!!」という情熱を大切にしてくれる方で、最大限それを活かすためのフィールドを提供してくださってます。
なんせ、社長が一番熱い存在ですからね。(笑)
このような環境だからこそ20歳という若手の僕にも一人の責任者としてプロジェクトを任せていただけたんだと思います。

鈴木 海斗2

「面白そう!やってみたい!」情熱が僕の人生を変えた

そんなJELLYFISHと出会ったのは昨年の12月、僕が20歳の時でした。
僕は17歳の時に起業してからずっとキャリアの道を歩んできました。
そして去年までペルーに留学していて、次何しようかと起業イベントに足を運ぶ日々を送っていました。
そこで現代表取締役である田中と出会い、奥多摩町で廃校を借りているという話を聞きました。
廃校を使った事業と聞いて、すぐに「面白そう!やってみたい!」とワクワク感で満ち溢れたことを覚えています。
満ち溢れ過ぎて、まだ採用通知ももらっていないのに気づいたら奥多摩町の廃校に足を運んでいましたね。(笑)
その熱量を見て、20歳の僕に事業を任せてくれたと思っています。

鈴木 海斗3

OKUTAMA +を「人生を変える出会い」を創出する場へ

OKUTAMA +は文部科学省の「みんなの廃校プロジェクト」がきっかけで廃校になった奥多摩町の中学校をJELLYFISHが受け取って再活用することになったことがきっかけで始まったプロジェクトです。
今年一月から僕が事業責任者に就任し、廃校をホテル・撮影地・コワーキングスペース・イベントスペースとして再活用する「OKUTAMA +」というプロジェクトを始めました。
今後はワーケーションという、「仕事」と「旅行」を組み合わせた事業展開をしようと計画中です。

自然豊かな東京の僻地にあるこの共有スペースには人生を見つめ直している人、将来に迷っている人、起業パートナーを探している人など様々な思いを抱いている人が訪れます。
なのでここでなければ出会えない人に出会えるというのがOKUTAMA +の魅力です。
その出会いが子供の頃の純粋な「好きを追求する」気持ちを取り戻すきっかけになればと思います。
そしてその人が自分の「好き」のために人生を生きようと決心する場になるならこれ以上嬉しいことはありません。

鈴木 海斗4

やらないで後悔するくらいなら、やって後悔する方がいいじゃないか

何よりも僕自身がOKUTAMA +を通して人生を変えるような出会いがありました。
OKUTAMA +の一番最初の外国人訪問客が元シリコンバレーのエンジニアだったんですね。
一生を洞窟で暮らす夢を見たことがきっかけで仕事をやめ、夢で見た洞窟探しの旅をしている人だったのですが、僕はその行動力にすごく感銘を受けて。
その行動力はどこから来るのだろうかと聞いてみると、その人は戦争を経験している方だったんです。
一度「死」に直面したからこそ、生きているうちにやれることはなんでもやるという考えに至ったそうです。
その話を聞いて、僕自身の考えが変わりました。
今までは何かやりたいと思った時にストッパーがかかってしまっていたのですが、死なない限りはやってみようと何かが吹っ切れました。
せっかく日本という安全で恵まれた環境にいるのに挑戦しないのはもったいない。
やらないで後悔するならやって後悔する方がいいじゃないか。
一度っきりの人生なんだから、本気で生きてみよう、そう思えるようになりましたね。

鈴木 海斗5

人生を「熱く」生きたい人、OKUTAMA +へ

僕はこの事業を通して周囲にとらわれない「自分の軸」を持っている若者を増やしたいと思っています。
目まぐるしく過ぎていく日々を送っているうちに自分が純粋に好きなものが何なのか、自分が心から熱中できるものが何なのか、見失ってしまいがちです。
ですが、自分の中の「好き」が真の人生の豊かさをもたらすと考えています。
なので自分の中の情熱を自分の「好き」に注ぎ込める、そういう人をOKYTAMA +増やしてたいと日々奮闘中です。
現在、そんなOKUTAMA+を共に作っていく「熱い」パートナーを募集しています!
何か一つのものに情熱を注いだことがある方、自らアイデアを生み出すことができる方、今あるアイデアを共に形にしたい方、OKUTAMA +でこんなことをやってみたい!という提案がある方、大歓迎です!
いつでも奥多摩でお待ちしております。