Interview 社員インタビュー

鵜飼 真
Shin Ukai

  • 管理本部
  • マネージャー兼経営企画
  • 2019年 中途入社
9:55出社
徒歩1分で出社

10:00出納関連
入出金と資金繰りを確認

11:00面接
採用候補者の面接と人事担当へのフィードバック・採用戦略

12:00銀行の方と打ち合わせ
資金調達の相談・交渉
13:00ランチ
他部署のメンバーを誘っていろんな話を聞きます

14:00資料作成
部門別の損益・KPIの分析

16:00事業開発MTG
新規事業の企画・進捗確認
17:00経理
関連会社の経理処理
18:00社長とMTG
各事業部の損益、人事戦略、調達についてなど
19:00帳簿確認
帳簿でおかしな部分がないかチェックし、退社

ぶっちゃけインタビュー

Q1:仕事のやりがいとは
自分の仕事が少しでもいいので組織に影響を及ぼしているという感覚が、やりがいです。これは新卒で大きな会社に入って何もできなかったからこそ思うのかもしれません。本当は組織のその先の社会に影響を与えられているかが大事だとは思うのですが、そこはまだ力不足でできている感覚はあまりありません。
また昔からビジネスとか組織について考えるのが好きだったので、関連会社を含め10以上の事業に関われる今の状況はたまりません。管理部は地味な単純作業が多くつまらないと思われがちですが、会社の情報が集まってくるので、人によっては面白いと思えるはずです。
あとは変化が大きいのも楽しいです。1年の在籍中に新規事業がいくつも立ち上がって、新たな社員も毎月のように増え、社外でもいろんな人に出会えます。よりカオスなほうが未来が予想しづらいのでわくわくしますね。
Q2:今後の夢
就職してからずっと経理や管理部など裏方なので、自分で「稼ぐ」ということをしてみたいです。
大きな夢はありませんが、JELLYFISHのMissionである「Provide opportunities for all people around the world」にはとても共感しています。自分に近いところや間接的にでもいいので、少しずつできたらと思っています。
Q3:OFFの過ごし方
小学生向けのラグビースクールでコーチをしています。コーチはおじさんが多いので、若いというだけで子供たちからは人気です。たまに誘われたら社会人チームでプレーすることもありますが、次の日起き上がれなくなります。
2019年からは人生で初めて音楽に挑戦し、ピアノを習っています。発表会もあるので、恥をかかないために練習しています。

メッセージ

安定した大きな会社からスタートアップに転職し、入社4か月で従業員全員整理解雇というハプニングも前職ではありましたが、当時は不思議とわくわくした気持ちもありました。(当時のCEOには申し訳ないですが。。。)解雇されるなんて、普通の人は絶対しない経験だからです!
何が言いたいかというと、若いうちはリスクなんてほとんどなくて、チャレンジするには最高の時期だということです。今しかできないことを今のうちにやっておいたほうがいいですよね。