Interview 社員インタビュー


Tomoaki Anan
阿南智明

  • 開発事業部
  • 日本出身

仕事内容について教えてください

主には開発チームのプロジェクトの全体管理をしています。
具体的には、以下のようなことを開発事業部としてやらせていただいています。
・開発プロジェクトにおける要件ヒアリング、仕様設計、プロジェクト管理
・開発事業部のエンジニア(社員、アルバイト)のマネジメント
・開発事業部、BITの事業検討、実行

とにかくマネジメント業務が多いですが、プロジェクトが忙しい場合は、仕様や開発関連の調整業務も忙しい状況です。

それと同時に、開発事業部、奥多摩全体の事業を大きくすることもミッションとしてあります。そのために開発プロジェクトをやっている感じです。

また、奥多摩の学生エンジニアの相談にのったり、各事業部のITに関わる相談にのったり、お客様の相談にのったり、社長につっこまれたり、そういう仕事なんだと思います(笑)

仕事のやりがいや苦労したことを教えてください。

何でも0から考えて作っていくことですね。やりがいでもあり、苦労している点でもあります。こういう経験はどの会社でも経験出来ることではないので、ありがたい経験です。

技術的なことで日常的に相談出来る人がいない点も、苦労している点です。日々探り探り、勉強しながら、お客様に教えてもらいながらまだまだやっている状況です。

本来なら、ソースのレビューやソース管理のフィードバックとかしたいのですが、自分が今コーディングしていないのと、管理業務や顧客調整業務の工数的に厳しいため、エンジニア一人一人にアドバイスやフィードバック出来ていない点は、悔しいと感じているポイントです。
あとは、開発の体制的に純粋に力不足、経験不足だと感じており、まだまだ価値を生み出すためには体制強化が必須です。そこも苦労してる点ですね。CTO的な人が欲しいなと感じてます。

前職はどんな仕事をしていてなぜJELLYFISHに入社したかの経緯を教えてください。

以前はSES事業をしている企業に所属していました。業務的には、客先でシステム開発、設計、導入、運用をしていました。

JELLYFISHに入社した理由は、外国人エンジニアという”個人”に直接影響を与えていくことが出来ることに意義を感じたからです。

以前は、客に言われたままの要求をシステムに落としていくだけのような仕事だと感じており、何のためにシステム開発しているのか、価値を見出せなかったからです。単純に楽しくなかったとも言えますね。

より個人や社会にインパクトを残せる仕事をしたいと考えていた矢先に、出会ったのがJELLYFISHでした。


JELLYFISHとはどんな会社か教えてください。

多国籍な会社。グローバルな会社。ベンチャー的なカルチャーを持った会社。良くも悪くも自発的に動かないとまわらない会社。
成長したいという意思がある人には、いい会社です。あれがない、これがない、何がしたいのか分からない、何をすれば分からないというような、愚痴をこぼしたり、自発的に動けない人には向かない会社です(笑)