Interview 社員インタビュー

WAN XING(Sasha)
万幸

  • HRS 事業
  • 中国出身

仕事内容について教えてください

人材紹介をメインとするHRS事業部に所属しています。
この部署では人材不足が深刻化している日本の企業に、優秀な外国人のグローバル人材を提案していくことが主な仕事です。
「求職者と企業をマッチングする」というだけの部署ではなく、日本で仕事をしたいグローバル人材に向けた就職や転職のサポートも私たちの仕事の一つです。
私はこのHRSで、そういったサポートをする社会人のためのプロの相談相手として、キャリアアドバイザーをしています。日本に在住している外国人の方はもちろん、海外在住の外国人の方も対象となりますね。そんな方々への求人宣伝から応募対応や面談、推薦業務、面接指導から内定後のフォローなど、一通りの流れ全てを親身に支援しています。

仕事のやりがいや苦労したことを教えてください。

クライアントから就職アドバイザーとして必要とされ時は、とてもやりがいを感じますね。
「Wanさんはどう思いますか?」「~の最終面接にアドバイスいただけますか?」というような言葉をいただいた時は、キャリアアドバイザーとしての責任感からより一層気が引き締まります。
ですが、さまざまな企業の採用に合わせて、各業界の専門知識を理解しないといけないところにはとても苦労をしていますね。
最近はIT企業のニーズが高く、外国人のIT人材と面談する機会も増えています。なので、もっとスムーズに会話ができるように、ITに関係する英語の勉強に力を入れました。
とても難しいですが勉強をしっかりとしてから面接に挑んでいるので、クライアントとも厚い信頼関係を築くことが出来ていると思います。

前職はどんな仕事をしていてなぜJelly Fishに入社したかの経緯を教えてください。

新卒でJellyFishに入社しました。
私自身が中国から来た外国人なので、日本での留学や就職活動にとても苦労をした経験があります。就職をするときは、「外国人の方々の役に立つことができる仕事をしたい!」という想いがあったので、そういうことが出来る仕事を中心に探していました。
人材を紹介するキャリアアドバイザーという仕事は、外国人求職者と企業の繋がりを作るだけではありません。自分が求職者と企業の間に入ることで、お互いの悩みや課題を一緒に解決していくことが出来るのが魅力でもあると思っています。
日本での就職活動にとても苦労をしたかつての自分のように、日本での夢を実現したいけど就職活動が大変だという外国人の方は多くいます。そんな方々を応援することができるので、JellyFishでキャリアアドバイザーになることを決めました。

Jellyfishとはどんな会社か教えてください。

まず、良い人が多いと思います(笑)。
入社して3年半ですが、一番感じていることはやはり社員の皆さんが本当に良い人ばかりということなんです。日本人社員でも外国人社員でも、素直で優しい人がとにかく多い!
私が入社を決めた最終決定打も、お会いした社員の方の雰囲気や魅力でした。

それだけでなくチャンスを与えてくれる会社だとも思います。
国籍や年齢に関わらず、やりたいことがあれば積極的に任せてくるので、やる気がある人はどんどんキャリアアップすることが出来ます。
新しいことにチャレンジすることは責任やプレッシャーがとても大きいですが、その過程でやりがいがありますし、自分自身の成長にもつながります。

とにかく、私たちの会社は楽しく働ける職場です!
外国人社員が多いのもありますが、とても自由な社風はどんな人でも働きやすいのではないでしょうか。
楽しいBGMを聴きながら好きな飲み物を飲んで作業をしたり、のびのびと仕事をすることができますよ!