Interview 社員インタビュー

Akiyo Suzuki
鈴木章代

  • 教育事業部
  • 日本出身

仕事内容について教えてください

教育事業部で国内外で外国人への日本語教育と、コンサルティングをしています。
長年この仕事をしているのですが、どのような学習方法が効率的なのか、環境や性格など…日本語教育にはまだまだ解明しなくてはいけないことはばかり。このままでは、「何かを学び視野や可能性を広げたい!」と思っている人や、そういった人を求める企業などが、上手く出会うことができません。
なのでこの仕事では、日本語学校運営の事業やEラーニングやテクノロジーを活用した事業など日本語教育に関する活動をしています。
アクティブラーニングを外国人の日本語授業にも実験的に取り入れたり、地域の住民や子どもたちと共同で学ぶ場を設けたりする、従来とは異なるスタイルの学習方法を取り入れているのも特徴です。

仕事のやりがいや苦労したことを教えてください。

私にとってのやりがいは、ひらがなも読めなかったような人が日本語の上達を経て、自分が選んだ進路を行く姿を見ることですね。選んだ進路について生き生きと語っている声を聞けることにとても喜びを感じています。
そういった声を聞くためにも新しい知識を学び、それを自分自身や教育現場に取り入れていくことは常に意識をするようにしています。
ですが日本語教師を集めることや、その教師の教育をすることにとても苦労をしています。これは世界中の教育現場で言われていることでもあり、大きな課題です。難しいことではありますが、この問題を解決することがこれからの挑戦にもつながると思っています!

前職はどんな仕事をしていてなぜJelly Fishに入社したかの経緯を教えてください。

JellyFishに入社する前は、日本語学校で働いていました。
その時に日本語学校に学生を紹介してくれていたエージェントが、JellyFishだったんです!これはベトナム法人ができたときからの長いお付き合いになります。日本語学校の退職を決めたタイミングが、ちょうど弊社が教育事業部をつくり栃木国際教育学院を設立した時でした。教育事業部では、日本で就職したい外国人だけを教育ターゲットにすると聞き、学習者のニーズに応えられる新しい日本語教育に挑んでみたい!と思い入社をすることを決めました。
まだまだ課題は多く大変なこともありますが、JellyFishで日本語教育に携わることが出来てよかったと思っています。

Jellyfishとはどんな会社か教えてください。

とても柔軟で変化に対応しやすい会社だと思っています。
JellyFishという社名は、海の生き物である「くらげ」を意味しています。この社名には、国境を越えて時代や社会の変化に「くらげ」のように柔軟に対応しながら成長していく、という想いが込められているんです。そんな社名の通り、私たちの会社は様々なことに適応しながらどんどんと変化をしていく、とても柔軟な会社だと思います。