• 2020.8.22

~66.3%の外国人の方が「仕事・給与が減った」と回答~「新型コロナウイルスによる在日外国人への影響に関する調査」アンケート

外国人高度人材の就職をサポートする「Mixess」が調べました。「新型コロナウイルスによる在日外国人への影響に関する調査」アンケート~66.3%の外国人の方が「仕事・給与が減った」と回答~

 外国人人材の就職・教育領域の事業を国内外で展開する株式会社JELLYFISH(本社:東京都品川区)は、自社運営の外国人向け転職・求人サイト「Mixess」を活用し、7月現時点の在日外国人を対象とした新型コロナウイルスによる生活への影響についてのWEBアンケートを、2020年7月10日~20日に実施しましたので、調査結果をご紹介します。

 日本での新型コロナウイルスの初感染から半年以上が経過、その間、緊急事態宣言の発令と解除、そして現在第2波の感染が注目されている中、経済停滞による影響で企業の倒産と失業者の増加は更なる悪化の一途をたどっています。

 弊社は、 前回4月に実施した「コロナウイルスの影響に関するアンケート」のアップデート調査として、 この環境下における在日外国人の方のリアルな現状について 再調査致しました。

【調査概要】

  • ・調査名            : 「新型コロナウイルスによる在日外国人への影響に関する調査」
  • ・対象者            : 転職・求人サイト「Mixess」登録者及びSNSの外国人ユー(https://mixess.jp/)
  • ・調査方法        : ウェブ及び電子メール調査
  • ・回答数            : 249名(在日外国人のみ)
  • ・調査期間        : 2020年7月10日~20日
  • ・調査目的        : 日本で働くもしくは生活をしている外国人が、新型コロナウイルスの感染拡大で不安に感じていることを調査し公開することにより、在日外国人の不安解消の一助として役立つ事、また調査結果を受けての不足情報提供に繋げるために実施。

 

【主な結果】

  1. 1.最も不安に感じているのは「入国・出国の制限(57.8%)」で、入・出国制限の緩和時期を一番気にかけている様子が伺えます。4月に実施した「不安」に対する質問では、「仕事(64.8%)」が1位、「入国制限(22.7%)」は6位でしたが、コロナ禍におけるこの数か月の在日外国人の方の変化がこの質問で見て取れます。
  2. 2.「仕事・給与が減った」という回答が66.3%の最多となり、「休業になった」は44.1%で前回調査(14%)の実に3倍に達しています。4月調査時よりも企業経営が更に悪化していると考えられます。
  3. 3.日本政府発信のコロナ関連情報は3%の方が入手、そして34%の方が、政府が出している感染者接触アプリ存在を知らないという回答でした。

 

Q.1 現在の不安は何ですか?※複数回答あり※(回答人数249名)

最も不安に感じているのは「入国・出国の制限(57.8%)」でした。入・出国制限の緩和時期を一番気にかけている様子が伺えます。4月に実施した「不安」に対する質問では、「仕事(64.8%)」が1位、「入国制限(22.7%)」は6位でしたが、コロナ禍におけるこの数か月の在日外国人の方の変化がこの回答で見て取れます。

また、次に不安を感じているのは「今後の休業・解雇」という回答になりました。回答者の半数以上がサービス関係の仕事をしていると答えているためサービス業従事者の不安度の高さが伺えます。※今回と前回の選択項目には若干の差異があります。4月実施のアンケート結果は下記をご参照願います。

 

Q.2 あなたの仕事に新型コロナウイルスの悪影響が出ていますか?※複数回答あり※(回答人数:249名)

「仕事・給与が減った」という回答が66.3%の最多となりました。また、「休業になった」は44.1%と、前回調査(14%)の実に3倍に達しています。4月調査時よりも企業経営が更に悪化していると考えられます。

Q.3  Q.2で「休業になった」「解雇された」「倒産・閉鎖になった」と答えた方に聞きます。どのように現在の生活を維持していますか?※複数回答あり※ (回答人数:173名)

「休業になった」、「解雇された」「倒産・閉鎖になった」と回答した40.9%が「貯金」を切り崩しながら生活を維持しているということがわかりました。その次に多いのが「給付金・補助金」(39.7%)という回答でした。

Q.4 日本および母国の出入国制限解除後の計画について教えてください。(回答人数:249名)

「入・出国制限が解除されたので帰国する予定」という回答が51%、帰国希望者の大半が、一時帰省で家族と再会し安心したいとの思いを持っています。また「日本に残る予定」、「特に計画していない」の回答はどちらも23%でした。

Q.5 新型コロナウイルス関係についての情報は主にどこから入手していますか?(回答人数:249名)

新型コロナウイルスに関する情報は67%が「海外メディア」から収集しているのが最多。言語が主な原因だと思われます。一方で、政府が発信している情報から得ている回答は3%となりました。

Q.6 緊急事態宣言中(4/16~5/25)に政府から要請されていたことで実施した行動はありましたか?※複数回答あり※(回答人数:249名)

緊急事態宣言中に実行した一番は「買い物に行く回数を減らした(30%)」、次は「旅行を取りやめた(26%)」の回答でした。「外食する機会を減らした」は18%、「リモートワーク」を実施したのは10%という回答になりました。

Q.7 緊急事態宣言が解除されたのちの「with コロナ」の生活においても継続して行っている行動をお答えください※複数回答あり※(回答人数:249名)

宣言中の行動を聞いたQ6と比べて、「旅行の計画を立てずにいる」という回答は解除後もほぼ同数で推移、「公共交通機関を使用しない」、「外食する機会を減らした」は反対に解除後が増加するという結果になりました。

Q.8 感染者接触アプリはすでにダウンロードしましたか?(回答人数:249名)

政府が出している感染者接触アプリを55%の方がダウンロード済で、「ダウンロードをしていない」方は45%でした。ダウンロードをしていない中の34%がアプリの存在を知りませんでした。

Q.9 緊急事態の際に日本に頼れる人、相談できる場所はありますか?(回答人数:249名)

※「頼れる人がいる、相談できる場所がある」のどちらかに当てはまる場合でも選択※

在日外国人の緊急事態時の相談相手や場所について、「頼れる人がいる、相談できる場所もある」との回答は、79%という数字でした。約半数の方が頼れる人の多くは「友人」、「家族」や「上司」、「相談できる場所」は「大使館」、「外国人相談口」という結果になりました。

Q.10 新型コロナウイルスを封じ込むためにロックダウン政策を取る国もありますが、日本政府はロックダウンをせずに「密集・密接・密閉」という「3密を守る行動」、そして「外出自粛」等を要請しました。この対応をどう思いますか?(回答人数:249名)

大変悪い、悪いとの回答数はあわせて14%、大変良い、良いの回答数はその3倍の42%でした。

【自由記述】 (※それぞれ回答した人にその理由を聞いたところ、以下の声が上がりました。)

<大変良い>

  •  ・日本の規律は素晴らしいということもあり、他の国よりもルールを順守しているので、成功したと思う
  • ・日本人(すべてではない)は非常に規律があり、社会的距離やマスクを着用するなどのルールを守っている

<大変悪い>

  • ・日本政府の「外出自粛要請」と「3密を守る行動」に意味がないと感じている。距離を保つようにと言われているが出勤時の電車はいつも通りの満員で全く防げていないと思う。

 

<参考>▶4月実施アンケートデータ

 

■株式会社JELLYFISH

商号 : 株式会社 JELLYFISH

代表者 : 代表取締役 田中 翔

所在地 : 〒141-0031 東京都品川区西五反田 2-24-4 WESTHILL 4階

事業内容 :人材紹介事業、教育事業

資本金 : 1,000 万円

URL : https://jellyfish-g.co.jp/