• 2018.11.28
  • KURAGEな人々

ようやくスタートライン

ようやくスタートライン

皆さんにこんにちは。
当社にて取締役兼人材事業の統括をしております新城です。

2018年で僕がJELLYFISHに加わってから5年が経過しました。
今回は折角なのでこの機会にこれまでの振返り含めつらつら書いてみようと思います。

僕のくらげ歴は、2013年夏のベトナム海外法人Jellyfish HRでの合弁会社開始にはじまり、2014年冬のグループ取締役就任、2015年日本での外国人材紹介事業開始〜現在です。

今振り返ってみると5年の間に色々なことを知り、経験できたなーと思います。

ベトナムでは人もお金足りない中、常にキャッシュと睨めっこしながら必死で立ち上げたこと、1年間無休無給でコミットしたこと、事業が倍のスピードで成長していく時の高揚感と危機感を知ったこと、いつの間にか疲労が溜まってタクシーの中で高熱全身痙攣を起こし病院に運ばれたこと、日本ではサービス立上げがうまくいかず、大赤字を出し事業のポテンシャルと自分の方向性を見失いかけたこと、そんな時一緒に働いてもらってる仲間に心底支えられたこと、大事な仲間が離れていったこと、組織が大きくなるにつれ前だけではなく後ろもみながら走らないといけないと理解したこと、多少の問題では動じなくなったこと、当初は独身軍団だった会社に世帯者が増え益々プレッシャーと気合が増したこと、事業が成長するにつれて色々な方面からのお声掛けが増えたこと、世界はすべて原理原則でつながっているんだということ……等々。

まだまだあるんですが、主なものはだいたいこんな感じです。

振り返って大枠でみるとすごく刺激的で楽めた5年でしたが、細かいところを思い出そうとするとなぜか普段忘れているシンドかったことが思い出されるのが不思議です。(笑)ホントはもっともっと濃くて、社会に対しても『どうだ!!』的にドヤれる5年間にしたかったんですが、これが今の自分の実力、立ち位置なんですね。

う〜ん…。焦りしかない…。

うちの企業理念でもある『Expand your Horizons』を自分なりに続けてきたつもりですが、当初描いていたイメージからするとまだまだ足りないもの、出来ていないことが多い現状。

2018年は事業も組織も成長し、ようやくJELLYFISH第二創業期のスタートラインに立ったかなという印象です。(5年もかけてスタートラインかぁ…苦笑)

とはいえ、スタートラインに立つまでのこの5年間蓄積してきたものを2019年以降は、大きく解き放ってジャンプしていく予定です。

そのためにやるべきこと、やらなければいけないことはまだまだ山積しています。

次の大きな成長に必要な仲間も各事業で引き続き募集してますので興味を持たれた方は是非エントリーしてくれると嬉しいです。

とはいえ、JELLYFISHは、会社に所属する人数を倍にするとか、社員規模を追い求める会社ではなく、あくまでも人を採用する際は『組織の生産性をあげる』『事業の生産性をあげる』のいずれかの視点で採用活動を行っていますので少し厳しめの選考になっているかもしれません。

僕らくらいの知名度も低い、事業規模も小さい会社が『何を生意気なこと』と思われる方もいるかもしれないですが、大きく羽ばたく第二創業期の今だからこそ拘って採用をしていきたいと思っています。本気です。

国籍、言語、宗教、ジェンダー問わず、JELLYFISHは当社ビジョンを本気で一緒に目指せる仲間を募集していますので、ご興味あれば是非。

一緒に世界をつくりましょう。