• 2019.1.9
  • HR div.

クラゲ歴2年半、私のクラゲ話。

クラゲ歴2年半、私のクラゲ話。

皆さん!明けましておめでとうございます!!
私がクラゲ(JELLYFISH)に合流してから、早2年半ほどになりました。
今回は、あっという間に過ぎた私の2年半のことについて話したいと思います。

私は2016年に新人CAとして入社しました。
当時はキャリアコンサルタントの経験もなく毎日が新しく日々の業務がすべて勉強でした…
様々なバックグラウンドの方に接し、その人々の良さを引き出し、企業にそれらをアピールすることがとても重要な仕事なのでプレッシャーもありました。

ただ、その様な過程を難しく感じながらもやりがいがとてもある仕事で充実した毎日でした。
様々文化背景をもつキャンディデイトの対応は、予測ができないこともあり、イレギュラーの多い大変でしたが
その分一人一人へ自分の気持ちがちゃんと伝わっているのが実感できた時は、本当に嬉しくCA業務の良さだとおもいます。

そうやって日々CAの業務を重ねていた時に、韓国人候補者があまりいないことに気付きました。
私の知り合いの中でも日本就職を目指していた人は沢山いたはずです。

『なぜJELLYFISHには登録してこないのだろう?同じ国籍だからこそより一層伝えたい情報が山ほどあるのに…もったいないな~』と思うことが増えたのが今の海外面接会事業をはじめたいと考えたきっかけでした。

当時はCAがそれぞれ自分のルートで候補者を集客していて一番効率のいい方法は自国の候補者を確保することでした。日々母国のキャンディデイトの集客を考えているうち、韓国人候補者を日本へ”直接”つなぐことを考えている自分がおり、自分の以前の日本就職に困っていた時の状況など考慮した結果、海外現地の方で面接をするというサービスを実施してはどうか?ということになりました。

 

サービス立ち上げ間もない頃の説明会

 

今考えると(私がサービスを立ち上げるなんて!)どこから湧いてきた勇気なのか分からないのですが(笑)、韓国内の就職難などに関する記事や日本就職希望者増加に関する記事を社内に共有したり、自分で企画案をPPTで纏め上司に提案したりしてました。
新人の勢いって凄いですね、なんて積極的だったんだろうと今は思います(笑)。

そんな新人CAをJELLYFISHが信じてくれたので、その先どんな困難があるのか全く知らないまま、海外事業部を立ち上げることになりました。

CA時代にも仕事の状況の浮き沈みはありましたが、新しい事業部を立ち上げてからはもっと激しく大変でした…。(苦笑)

(過去にないサービスなので)助言を頂ける先輩などいない。韓国に関して知っているのも私だけで、何が正解か誰も分からず、答えが知りたい場合にはとりあえず、当たり前なんですが私自身が動いてやってみるしかない…。
まさに沢山の壁にぶつかる…本当に険しい1年でした。

でもそういう荒い道だからこそやりがいはありました。困難なことがやりがいだなんてドMみたいに聞こえますが、まあまあそこは置いといて(笑)。

本当に大変でしたが、なんとか結果も出せるようになったのは、一緒に頑張ってくれた仲間がいたからこそできたことだと思います。
この場で感謝の気持ちを伝えます!
ありがとうございます!!

昔は苦手だった人前でのプレゼンも上達しました(笑)

 

入社1年ほどで事業部を立ち上げ、その事業部が1年間無事運用できて後輩社員が4人も増えるなんてめったにできない貴重な経験をしているなと思います。

私自身、この2年半の大きな変化によって『責任』がどういうものなのかを学び、周りの方々の大切さに改めて気付き、行動することの重要性を実感しています。本当に仕事を通して沢山のことを経験させてもらい、少し強くなったな?と思えるくらいです(笑)。

今はまた法人営業として日本企業への営業という新たな壁にぶつかっている現状ですが、また今年この壁を乗り越えて青年クラゲになることを自身に期待しております。

 

2019年、自分自身とJELLYFISHのさらなる成長を!

今年は私のように新たな提案をしてくれる人がもっと増えてくる会社はもっと面白くなるな~(笑)
こんな私でもできちゃったくらい、業務を通じて成長している実感が半端ないので
皆それぞれのオリジナリティーで新しいことをやってほしいです!!

勿論我が海外事業部(HRK)で頑張りたい方がいたら大歓迎です(笑)。
えーっと、お話が長くなりましたが…そろそろこの辺で…

What`s the fish?!

 

JELLYFISH!!